上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
858 おさかなくわえた名無しさん sage 04/03/18 17:52 ID:uAWjD5Jh

10年位前SMAPファンで友達とコンサートに行ってそれぞれ席が離れてて
3階席で一人で見てた。

一瞬ぼーっとしていた瞬間「2(ツー)!」と周りでカウントダウンをしてて
歌の始めのカウントダウンだな、と思い
自信を持って「1(ワン)!」と手で1を示し叫ぶと同時に
周りは「3!」と叫んでて「4」で歌が始まった。
それだけならいいけど、隣りの見知らぬ女の子が「1!」と自分が言った瞬間
こっちをバッと向いてシラーッとした顔で見てたのがグサリと来た。

一人で大騒ぎしてたし、うるさかったと思う<隣りの子、すいません


スポンサーサイト
856 おさかなくわえた名無しさん sage 04/03/18 17:14 ID:ioutf1E7

厨房の時、保険係だった。
俺は保健室でクラスの女子の健康診断が行われているのを知らずに突入、「先生!集めたプリントもってきま・・」
静まり返った異世界の中、平静を装いつつ、だまってプリントを先生に渡した。ポーカーフェイスで「失礼しました。」と一礼して回れ右をして
保健室を出た。
絶対変態扱いダー!!!!とダッシュで教室に戻り誰にも相談できず一人ガクブルしていると。
健康診断が終わった女子が続々帰ってき始めた。こっちを見ている視線を感じる・・・
さっそく女子が一人寄ってきた。      

終わった・・・と思った。

 「女子のみんなで内緒にしてあげることになったからキニシナイでね。」

女子全員に感謝した。 




857 おさかなくわえた名無しさん sage 04/03/18 17:23 ID:QkMWaWgZ

>>856
まったく一緒の体験があります。
ただ唯一君と違う点はオレはそのあと変態扱いされた事です。

841 おさかなくわえた名無しさん sage 04/03/18 07:10 ID:CfkQ4nRW

イタい過去を思い出したとき俺は、
意識的に無表情になって咳払いを二度ほどした後、
みつばちはっち、とかできるだけ意味不明な独り言を言って自分をごまかす。
で、そうやって独り言言ってる今の自分もイタいことに即座に気づいて、
台所とかの方に行き、うろうろして終わる。

819 おさかなくわえた名無しさん New! 04/03/17 08:33 ID:YrxETj6l
小学生の頃、ノートに漫画を描いて友達に見せたりしていた。
その中に「レモンの恋」という学園ラブ・ストーリーがあった。
母は私が使っていた教科書やノートを取っておいてくれているのだが、
この間帰省した時にそのノートを出してきて見てみると、

「レモンの変」

という題名であったことに気付いた。

詩ね詩ね詩ね自分詩ね。

805 おさかなくわえた名無しさん sage 04/03/16 22:20 ID:pACEb03d

当時小4か3?かな
友人との交換日記(りぼんとかに付いてくる可愛い感じの付録っぽいやつだった)で
今日のヒミツの出来事 の所に

「ソフィサラをつけておしっこしてみたら漏れた!不良品!」

…大人のオムツだと信じ込んでて羨ましく思ってたんdふぁおyてゃ

802 おさかなくわえた名無しさん 04/03/16 20:29 ID:I/yBLkIr

小学5年生の時、すごくすごく好きな男の子がいた。
今思えば只、恋に恋してる状態に恋しちゃってるような感じで、
「○○君が好き☆」な自分に酔っていたのだと思う。
思い詰めて思い詰めて「もうこんなに胸が苦しいのはイヤ!
たとえ叶わぬ恋でも、私の想いを知って欲しい!!」と考え、
バレンタインデーの日に決行した。

チョコなんて家で作ったら親になんて言われるか分からない。それにありきたりだし。
だから、茶色のフェルトをハート型に切り、2枚を縫い合わせ、綿を詰め、
バニラエッセンスを染み込ませ、なんとも気持ち悪いハートの形をした
針刺しのような物体を作った。それを2個。
ラブレターも書いた。便箋二枚にびっしりと。
内容なんて思い出しただけで穴掘って埋まりたくなる。
ずっと好きだっただのたとえ私のことが嫌いでも
私はずっとこれからも好きでいるだの、お前はストーカーか。
更に名前を書くのが恥ずかしく、「匿名希望」だなんて書いた。希望ってなんだよ。
名前も書かないくせに何が「ホワイトデーまでに返事くれたら嬉しい」だ。

朝一番に登校し、机の中に入れた。
私は素知らぬふりをし、わくわくしながらベランダの植物に水をやっていた。
男の子登校。すぐ手紙と奇妙なハートに気付く。教室大騒ぎ。
ばればれだっつーの。
当時「匿名」を漢字で書けるのはクラスで私だけだろ。
男子達の捜索にもシラを切りとおした。
勿論その子からは何のコンタクトもなし。当たり前だ。

彼が小学校卒業と同時に転校したのが唯一の救い。
気持ち悪いよ私。忘れてくださいお願いです私のことなんて忘れてーーー



// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 自分のイタい過去で「あぁ~」ってなる all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。