上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
193 おさかなくわえた名無しさん 03/12/03 23:57 ID:iIVFrLUT

当時近所に滅茶苦茶カッコ良い人が住んでいた。
私はその人の事を「お兄ちゃん」と呼んで懐いていた。初恋だった。
そのお兄ちゃんが高校で吹奏楽部に入った。
私の目の前でトランペットを吹いてくれるお兄ちゃん。
「ねーねー!私にもやらせて!!!」マセガキだった私は
大好きなお兄ちゃんと間接キスだ、ムフフ!などと思ってました。
けど、トランペットって素人でしかもガキの私には中々音が出せない。
「イの口で思いっきり息を吹いてごらん」と優しくお兄ちゃんに言われ、
私は「わかった!!」と意気込んでトランペットを吹きました。
その瞬間鼻から青っぱながブーーーッ。
トランペットも綺麗な音は鳴らず「ブーッ」
お兄ちゃんは笑い転げながらも、ティッシュで私の鼻水を拭いてくれました。

初恋が実らなかった小2の春。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://itaikako.blog59.fc2.com/tb.php/10-1584d6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 自分のイタい過去で「あぁ~」ってなる all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。