上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
546 おさかなくわえた名無しさん 04/03/10 17:06 ID:V7hDk4zA

中学のとき結構好きな女子がいたんだけど、漏れはそのころ
『その子は駆け出しの小説家で、自分は著名な文学評論家。
彼女は寝る間を惜しんで一生懸命小説を書いている』
っていうお莫迦な妄想をしていた。それで、その子が書いた
小説(←自分の妄想の中で)を漏れが偉そうに評論している
;あsjdふぁ;lすf;おいえわな落書き文をこの間見つけて、あまりの
イタさに気絶しそうになった。
なんかその子は、『心   中   物   語』ていう小説を書いたらしくて、
で、漏れがその小説に、
『個人的にはあまり好きじゃない』 (←何で速攻で冷たくあしらってんだよ!!!)
『擬音語の使い方がなってない』(←確かに問題かも知れんけど、冷てーなー)
『きらりと光るものを持っているので今後がんばってほしい』(←ほぼ意味不明なフォロー)
とか言って評論してた(汗。まじで生汗かいた。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://itaikako.blog59.fc2.com/tb.php/214-65e65289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 自分のイタい過去で「あぁ~」ってなる all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。