上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
168 おさかなくわえた名無しさん 03/11/26 20:43 ID:2PJv4IMh

大学生のとき、1人で京都へ貧乏旅行。
終電間近に京都駅に着き、金がないので深夜喫茶かオールナイトの映画館で
時間をつぶそうとうろうろしてたら、親切そうなお兄さんに声をかけられ、
泊めてくれることになった。
そのお兄さんは、まず銭湯へ行こうと誘ってくれた。
それからその人のアパートで簡単な夜食をごちそうになり、
ありがたく就寝。
深夜、何か下半身の方に違和感があり、寝ぼけまなこで上半身を起こすと、
そのお兄さんが僕のあそこに顔をうずめていた。
生涯初めてのフェラの相手が男だった。
しかも、逃げ出せばいいのに怖くてそのまま「や、やめてください」と
しか言えなかった僕。


169 おさかなくわえた名無しさん 03/11/26 20:48 ID:rgbLYHRf

>>168
うほ!その続きを聞かせてくれ


171 168 03/11/26 21:30 ID:3/U3DWh+

レスありがとさん。
リクエストにお答えしてその続き。
僕のチンチンは緊張でもちろん萎縮したまま。
お兄さんはしばらく頑張っていたが、
5分ぐらいであきらめてくれた。
「ごめんね、びっくりさせて」と、
あくまで優しいお兄さん。
翌朝起きると、お兄さんはトースト、サラダ、オムレツ、オレンジジュースの
朝食を用意してくれていた。
気まずい雰囲気で、2人で向かい合って食べたのだが、
その朝食が異常においしかったのを変に鮮明に覚えている。
食べ終わり次第、僕はそそくさと用意をして帰ろうとした。
お兄さんはドア口まで見送ってくれて、優しく僕に言ってくれた。
「元気でね。……それから、包茎は治るから大丈夫だよ」
うわあぁぁぁぁぁ!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://itaikako.blog59.fc2.com/tb.php/5-973da089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 自分のイタい過去で「あぁ~」ってなる all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。