上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
556 おさかなくわえた名無しさん sage 04/12/03 21:05:25 ID:O+4ynuiF

工房の頃、私は美術部員だった。部室は4階。
死ぬほど重たい画材やら巨大なカンヴァスを抱えて上る、
過酷な毎日だった。
ある日、私は同じ部のKさんと2人で画材運び。階段を上
りきる頃には青息吐息。Kさんは「疲れたね、名無しさん」
と声を掛けてくれた。それに対する私の返答…

『顔色悪い』と『顔が青い』がごっちゃになってしまい「うん、
お前顔悪いよ」

あぁ ────────────────── ァ

慌てて釈明したものの、果たして伝わったかどうか…
ごめんねKさん(´・ω・`)

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://itaikako.blog59.fc2.com/tb.php/519-52b73dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 自分のイタい過去で「あぁ~」ってなる all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。