上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
840 おさかなくわえた名無しさん sage 04/12/23 18:38:42 ID:jD2v3zld

この時期になったから思い出したが、姉貴に当時3歳の娘がいて、俺は凄く可愛がってた。
その子は人形が好きだったから俺はクリスマスに人形をプレゼントしようと企んだ。
人形を買うために雑貨屋に行ったらなんとも言えない可愛さを持った
俺好みのサンタの人形が置いてあった。もちろん即買った。
クリスマスの夜、ぐっすり寝てるその子の頭の上にラッピングされたサンタの人形を置いた。
次の日の朝、その子はそのプレゼントをとても喜んでいた。俺もその姿を見て微笑ましく思った。

その日の夜、姉と会話していたらクリスマスプレゼントの話になった。
「○○ちゃん喜んでてよかった~。あの人形1,000円ちょっとしたんだよ」と俺がいうと、

姉は「なんでサンタがサンタ置いて行くの?
   逃げ損ねか。サンタ逃げ損ねかっつーの。どーでもいいけど。」
俺  「・・・」

何故か泣けた。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://itaikako.blog59.fc2.com/tb.php/550-4294330a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 自分のイタい過去で「あぁ~」ってなる all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。